デジカメオンライン

2009年07月20日

ソニーHDR-CX500V/CX520V Exmor Rレビューサンプル動画

ソニーの裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」搭載のビデオカメラ HDR-CX500VHDR-CX520V のレビュー、サンプル動画が掲載されています。



小さくても手ブレ補正がすごい! ソニーの新「ハンディカム」

Exmor Rの効果で従来のビデオカメラよりも暗闇画質が飛躍的に向上したことで大人気だった HDR-XR500VHDR-XR520V の姉妹機種。しかし、人気の秘訣は美しい高感度画質だけではありません。ワイド端での超強力な手ブレ補正機能、これが大ヒットの要因でした。

しかし、HDR-XR500V/XR520Vはハードディスクカメラ。HDDカメラは容量の多さというアドバンテージがあるものの重量が重くなりがちですし、耐久性や衝撃への弱さに不安も残ります。「いまさらハードディスクかよ!?」と購入を悩んだ人も多かったでしょうね。

その点HDR-CX500V/CX520Vはメモリーカメラ。しかも内蔵メモリー+メモリースティックというダブルメモリーですので最高。欲を言えばSDカードなら更に良かったのですが、内蔵メモリーだけでも32GB(64GB)という十分な容量があるので通常使用ならまったく問題なしとも言えます。

メモリーですので耐久性の不安も少ないですし、衝撃にも強く安心。しかもボディは小型軽量ですので長時間の撮影も手が疲れにくいと良いことばかり。正直HDR-XR500V/XR520Vを既に購入した人が良い意味でガッカリするくらいの改良ですね。

1920×1080(60fps)のフルハイビジョン動画が撮影できますし、動画の滑らかさ、ホールディングのしやすさ、手ブレ補正の効きなどはデジタル一眼レフカメラのHD動画とは一線を画すレベルの高さです。

同時にキヤノン iVIS HF S11 とパナソニック HDC-TM350 のレビューとサンプル動画も公開されていますが・・・・。

手ブレ補正強化のキヤノン「iVIS HF21/HF S11」を試す!
パナの手ブレ補正もすごい!「愛情サイズ」HDカメラの実力

どちらもソニーのビデオカメラと比べると魅力薄。解像力が高くAFが速いiVIS HF S11はともかく、HDC-TM350は・・・・。HDC-TM350を購入するくらいならデジタル一眼カメラの DMC-GH1 を購入したほうが被写界深度の浅さによる背景のボケを楽しめて良さそうです。

ビデオカメラの世界では春モデルと同じくこの夏発売のモデルもソニーが独走状態に入るのは間違いなさそうです。インターネットが普及し、情報を集めやすくなった現在では本当に良いカメラしかヒットしませんからね。自分を含めてユーザーは正直ですから(笑)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。