デジカメオンライン

2010年04月05日

奈良県吉野山桜見物写真とポタリング

4月3日に奈良県吉野山に桜写真撮影に行ってきました。



近鉄橿原神宮前駅から観光シーズンのみ運行している快速急行に乗車。朝9時前だったので車内はガラガラ、余裕を持って座れました。途中の飛鳥駅で降りる人も多かったですが、大多数の人はやはり吉野観光、桜見物がお目当てのよう。

車窓からは伊勢街道沿いに流れる吉野川など緑豊かな風景が楽しめます。ただ、近鉄吉野線は線路が単線になっている箇所が多く、距離のわりに時間がかかるので急いでいる方はご注意を。橿原神宮前駅から1時間前後で吉野駅に到着。

近鉄吉野駅のすぐ近くからはロープウェイと中千本行きのバスが出ています。が、下千本の桜を見るならロープウェイ乗車口横のわき道から歩いて登るのも一興。蛇行している道沿いに桜が咲いていて綺麗ですよ〜。



歩いて登れば観光客向けのお土産屋さんが連なる参道に出ます。国宝蔵王堂で有名な金峯山寺への参道ですね。この道を歩いていくと中千本まで自然に行ける仕組み。今回は桜見物が目的なので金峯山寺はスルー。



観光シーズンにはお茶やお酒の試飲、奈良漬の試食などもあり参道を歩いているだけでも楽しめます。吉野葛を店頭で製造しているお店もありますよ。途中大きな分かれ道がありますが、中千本方面に桜見物に行くなら左側に行くといいかもしれません。

中千本付近には見晴らしが良い高台があり、眺望と共に桜を楽しめます。中千本行きのバスが吉野駅付近から出ている事もあり人出はかなりのもの。桜写真撮影をしている人はもちろん家族でお弁当を食べている人も多かったですね。



ただ、時期が早く中千本の桜はまだ満開には程遠い状態でした。午後からは日がかげり非常に寒かったのも残念。今シーズン中にもう一度行こうかな・・・・。




桜見物も楽しみですが、観光地、行楽地で楽しみなのがカメラウォッチング。桜写真撮影のメッカということもありキヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラを所持した人が多かったですね。交換レンズも高級レンズ目白押し。フィルム式の一眼レフカメラを持っていた人も数人見かけました。

あと、気になったのがオリンパス E-PL1E-P1 ユーザーを4〜5人見かけたこと。

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット ホワイト E-PL1 LKIT WHT

黒くて大きいデジタル一眼レフカメラと比較すると携帯性はもちろん見た目も良いですね〜。オリンパスユーザーに女性カメラマンが多かったのも頷けます。やはりミラーレス一眼カメラは確実にシェアを伸ばしている様子。


そして、もうひとつ気になったのが自転車でポタリングをしている方を5人ほど別々に見かけたこと。全員マウンテンバイクやクロスバイクではなくロードレーサーでした。輪行ではなく家から自転車で吉野まで来られたんでしょうね。

吉野山の坂道をロードレーサーで立ちこぎもせずに登っていく姿は圧巻の一言。ポタリングというか完全にトレーニング状態。

実家からなら自転車でも行けない距離ではないので、自分もクロスバイクを購入して国道169号線を一路南下、吉野まで行ってみようかな・・・・。でもあの激坂を登るのはどう考えても無理ですが(笑)。

実はカメラと自転車って非常に相性の良い趣味だったりします。健康にも環境にも(財布にも)良いですし、カメラ好きな方は自転車を始めてみてはいかかでしょうか?


呼び出しアナウンスを聞いたところ、千葉県や埼玉県からバスツアーで来られた方も多かった様子。愛媛県や和歌山県というアナウンスも。桜の季節には全国から奈良県吉野山観光へ来られる方が多いことを実感。

開花情報サイトによると桜の満開予想は以前よりもやや遅くなり、中千本 4月8日、上千本 4月13日、奥千本 4月18日となっているそう。まだまだ見ごろは続きますので、ぜひ桜の季節に奈良県吉野山を訪れてみてくださいね。近鉄電車でも、輪行でも、ポタリングでも、バスツアーでも。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。