デジカメオンライン

2010年05月03日

ゴールデンウィークの混雑人出 奈良市平城京遷都1300年祭

ゴールデンウィーク真っ只中、ということで平城遷都1300年祭に沸く奈良市に行って来ました。

奈良は普通のゴールデンウィークでも十分混雑する観光地ですが、今年は平城遷都1300年祭と重なっていることもあり通常よりも人出が多かったですね〜。

午前10時ごろ平城京の最寄り駅である近鉄大和西大寺駅に到着したわけですが、駅は既に大混雑。もともと大和西大寺駅は兵庫三宮や大阪難波方面からの電車と京都からの電車がクロスする近鉄の要所なわけですが・・・・この混雑っぷりは朝の通勤通学ラッシュを遥かに凌ぎますよ。それだけの人がほとんど下車して平城宮跡まで行くわけですから・・・・恐るべし平城遷都1300年祭。

管理人は改札から出ずに奈良方面に乗り換え。大和西大寺駅から新大宮駅、そして奈良駅という非常に短い路線区間ですが・・・・実はこのわずかな乗車時間の間に朱雀門と大極殿を電車の中から見ることが可能だったりします。理由はもちろん近鉄電車が平城宮跡のど真ん中を通っているから(笑)。西大寺方面から進行方向右に朱雀門、左に大極殿が見えますよ〜。

奈良に到着してとりあえず徒歩で東大寺まで。普段は人よりも鹿のほうが多いこともある東大寺の参道ですが、流石にゴールデンウィークだけあって鹿の居場所がないくらいの混み具合でした。

奈良の鹿といえば、鹿せんべい。いつもなら鹿せんべいを持っている観光客の人目当てに群がる食いしん坊な鹿たちですが、今日は貰い過ぎてお腹がいっぱいなのか子供が口の前に優しく差し出したご馳走を涼しい顔で無視している鹿を数多く見かけましたよ(笑)。

その後近鉄奈良駅まで戻りならまちへ。途中高速餅つきで有名な中谷堂の前を通ると黒山の人だかり。1個130円のよもぎ餅が飛ぶように売れていましたね〜。実は高速餅つきって客寄せのイベントでもなんでもなくて、奈良県吉野地方の風習だそうですよ。つまりテレビチャンピオンでも優勝したほどの高速さがむしろスタンダード。

中谷堂の隣にはテレビでよく紹介されているうどん屋さんがあるわけですが、そっちはお昼時ということもありカオスなくらい人が並んでいましたね・・・・。普段は客の少ない他の料理屋さんも行列ができている店がほとんどでした。

ならまちは東大寺や興福寺、春日大社と比べると観光する人が圧倒的に少ないのが常ですが、ゴールデンウィーク期間中は違いますね。女性を中心に大人気。

そして最後に興福寺へ。興福寺といえば阿修羅像で有名な国宝館があるわけですが、午後1時過ぎの時点で入館するのに45分〜75分待ち。こんな行列を奈良で見ることができるのはゴールデンウィーク期間中と正倉院展が開かれている時の奈良国立博物館くらいかもしれません。

その後午後2時過ぎに帰路へ。大混雑に驚かされた奈良ですが、最後の電車からの車窓が一番驚きましたよ。平城遷都1300年祭メイン会場の人人人に・・・・。


人の少ない落ち着いた奈良も風情があって魅力的ですが、たまにはこういうにぎやかな奈良も活気があって良いですよね。100年期に1年しかない一大イベントに沸く奈良。ぜひ一度観光に訪れてみてくださいね。

まったく役に立たないかもしれない奈良観光情報でした。