デジカメオンライン

2010年05月19日

オリンパスE-PL1レビュー JPEG画質が良い?

オリンパスのマイクロフォーサーズカメラ E-PL1 のレビューが掲載されていますね。

Olympus E-PL1 Review

上部のプルダウンメニューより様々なレビューを見ることが可能です。

レビューを見る限り、オリンパスペン・E-PL1は同社の上位機種である E-P2 よりもJPEG画質が良さそうですね。

同じマイクロフォーサーズカメラであるパナソニック DMC-GF1 やAPS-Cデジタル一眼レフカメラであるニコン D3000 と比較しても低感度時のJPEG撮影では解像感的に上。ISO800などの高感度撮影時ではややノイズリダクションが強めの印象ですが、あくまで等倍でみた場合なので通常使用ではそれほど気になることはなさそうな印象です。

RAW撮影の場合はDMC-GF1と比較してもほとんど差はありませんから、JPEG画質が特別優秀なんですね。


よく「JPEGはプロの料理人が味付けした料理」「RAWは生の食材」などと例えられますが、オリンパスというプロの料理人の腕は一流と言えるでしょう。


マイクロフォーサーズをはじめとするミラーレスカメラはデジタル一眼レフカメラと違い「撮影後の画像をシャッターを押す前に背面液晶で確認できる」という大きな利点があります。

逆にデジタル一眼レフカメラでは光学ファインダーでは綺麗に見えていた映像がいざ撮影してみると「あれ?写真が暗いぞ?」「画面が明るすぎて白っぽい・・・・」など露出トラブルが起こり失敗写真になってしまうことも。

そのためデジタル一眼レフカメラの場合は撮影後に露出やホワイトバランスの調整、変更が容易な魔法のファイル「RAW」で撮影するほうが便利だと認識しています。

が、ミラーレスカメラの場合は背面液晶さえ確認していれば明らかな露出の狂いは防げますので「JPEG」でも十分実用的。特にオリンパスE-PL1の場合はJPEG画質が良いのでベストですね。

JPEGは圧縮ファイルなのでファイル容量が小さく扱いやすいですし、RAWファイルの画像編集が面倒な人やコンパクトデジタルカメラからの買い替えでRAWの編集に慣れていない人に特にオススメですよ。


OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL1レンズキット ホワイト E-PL1 LKIT WHT