デジカメオンライン

2010年05月23日

パンダ大好きな写真作家大西亜由美さん ギョーテン美人!ダメットさん

よみうりテレビのテレビ番組「発見!仰天!!プレミアもん!!! 土曜はダメよ!」(関西、熊本、鹿児島ローカル)を見ていたら「ギョーテン美人!ダメットさん アートサークル発表会!」として面白い写真ネタを放送していましたよ。

2010/05/22 『ギョーテンアート!ダメットさん』

「ギョーテン美人!ダメットさん」とは「外見は美しいが、他の人にはない変わった趣味や癖がある女性」を紹介する大人気コーナーです。

今回は「顔出し看板大好きダメットさん」「とんだダメットさん」「モナリザ大好きダメットさん」そしてゲストとして「パンダ大好きダメットさん」として有名になったパンダ作家の 大西亜由美 さんが登場。

「顔出し看板大好きダメットさん」は観光地などによく置いてある顔出し看板に自分の顔を入れて写真を撮影するのが好きな女性。ご当地ものですしフォトコレクションとしても面白いんですが、意外とこだわっている人は少ないジャンルですよね。

「とんだダメットさん」はジャンプした瞬間を撮影することが好きな女子高生。ダンスを習っているそうでポーズもバッチリ決めて飛んでいましたね。シャッター速度が遅く被写体プレを起こした写真もあり、気味の悪さから「心霊写真」扱いされてしまったり(笑)。将来フジテレビのディレクターになりたいらしく、遠近法や構図にこだわってトリック写真を撮影していましたよ。

「モナリザ大好きダメットさん」は修学旅行で本物のモナリザを見て「シュールだ」と感じたというセンスあふれる女子高生。自分の指先にモナリザを自筆で描き、日常の背景に溶け込ませて撮影するというアートな写真を公開していました。パンダ作家の大西亜由美さんのファンとのこと。

ということで、最後にドッキリとして大西亜由美さんが登場するという趣向。大西亜由美さんは2年の歳月をかけて自作のぬいぐるみパンダを制作するほどパンダが大好きな女性で、写真集を発売したり、個展を開催したりするほどの腕前。公式サイトはこちらです。

PANDA panda LIFE***

ご本人のプロフィールによるとぬいぐるみ作家でもなければ写真家でもない「パンダ作家」だそうですが、写真集やポストカードからは撮影技量が垣間見えていますよ。

パンダです。

フィルム時代とは違いデジタル写真大隆盛の昨今、写真家の地位の下落が止まりません。高額機材を使う写真家よりもプロのデザイナーが安いデジカメで撮影、画像編集したほうがビジュアルクオリティが高い場合も多々ありますから。

「これから写真家が生き残っていくには強いこだわりと個性が求められる」そんな教訓を感じたテレビ番組でした。