デジカメオンライン

2010年06月03日

ニコンD8000とD4000の噂スペック 高画素カメラの弊害デメリット

ニコンの名機 D90 の後継機種と思われる D8000 の噂です。

Nikon D8000 could be the name of the D90 replacement

ニコンD8000は噂によると1600万画素から1800万画素くらいの高画素カメラになるようですね。廉価機種 D3000 の後継機種 D4000 は1400万画素から1600万画素くらいになるとのことです。どちらも嬉しいフルHD動画撮影機能を搭載するとのこと。

噂スペックが本当なら正直ガッカリ・・・・。ニコンは高画素化一辺倒のキヤノンとは一線を画したユーザーに優しいカメラを供給し続けてくれると思っていましたから・・・・。

画素数が上がっても撮影できる画像サイズが大きくなるだけで、写真本来の画質は向上しません。

以前も説明したことがありますが、高画素化を絵画に例えて言うなら、「より大きな真っ白いキャンバスに絵を描く」ようなものです。

「高画素=高画質」と勘違いしている人は「大きいほうの白いキャンバスのほうが上手い絵だ」と言っているようなもの。まだなにも描かれていないにもかかわらずですよ(笑)。

絵画の価値は大きさでは決まりませんよね。

大きなキャンバスに上手に絵を描ければ問題は無いんですが、才能に際限の無い人間とは違いカメラには性能の限界があり・・・・より小さい絵ほど美しく描きやすいわけです。無理をして大きな絵を描こうとすると「高感度画質の低下」など弊害が発生して画質が低下してしまうことも。

そして画素数が大きくなればなるほど写真一枚のファイルサイズが劇的に巨大化するのがさらなる大問題。キヤノンの1800万画素カメラのRAWファイルサイズは写真1枚で25MBクラスという超巨大ファイルですからね・・・・。


高画素化の意義を一言で言うとするならば「メーカーが新機種を売るためのわかりやすいスペックチェンジ指標」です。基本的に我々ユーザーのためではなく「メーカーの利益のため」に必要なものだとお考えください。


もちろんストックフォトなど商用撮影をする人やトリミングを重視する人の場合はより高画素なカメラを選択するのもひとつの手。ですが、普通に趣味として写真を楽しむなら「600万画素」もあれば十分ですよ。

とはいえ、D8000とD4000はフルハイビジョン動画撮影機能搭載予定。フルHD動画の画質と性能がキヤノンの「EOSムービー」より良ければ購入する価値は十二分にあるかもしれません。


ただ、「デジタル一眼レフカメラに動画撮影機能はいらない」という「写真命」な方の場合は・・・・おとなしく高画質で扱いやすいD90か D5000 を購入するのが賢明でしょうね。どちらも名機と呼んでいい優れた代物ですから。