デジカメオンライン

2010年06月27日

LUMIX DMC-G2vsNEX-5 サンプルHD動画高感度画質対決

パナソニックのLUMIX DMC-G2 のHD動画(AVCHD Lite)とソニーの NEX-5 のフルHD動画(MP4)をテスト比較したサンプル動画が掲載されています。









上2つがDMC-G2、下2つがNEX-5のサンプル動画となります。

写真画質では特に高感度画質においてNEX-5に完敗だったDMC-G2ですが、こと動画画質に関してはNEX-5を上回っている印象。

DMC-G2はハイビジョン(1280×760)、NEX-5はフルハイビジョン(1920×1080)と元の画面サイズに差があるにもかかわらず、なぜかDMC-G2のほうがシャープに見えるのは不思議ですね。Vimeoのエンコードの加減かもしれませんが、元々パナソニックのマイクロフォーサーズカメラの動画画質は解像感が高いのでテスト結果がおかしいわけでもないでしょう。ハイビジョンでもビットレートさえ高ければ十分な高画質を得られますから。

ローライトでの高感度画質対決でもマイクロフォーサーズセンサーのDMC-G2のほうがより大きなAPS-CセンサーのNEX-5よりも高感度ノイズが少ない感じです・・・・。それほど大きな差は無いですが、センサーサイズの大きさの差を考えるとNEX-5にはもう少し頑張って欲しいですね。


画質よりも何よりも、ソニーのNEX-5は今のところ動画撮影時に絞り値を変更できない仕様だという大きな問題があります。パナソニックのDMC-G2には「動画Pモード」という特別なモードがあり、絞り値を変更して被写界深度を操れるという点を考えると、映像作品制作という点においてもLUMIX DMC-G2のほうが使いやすいのは間違いないでしょう。

タッチパネル液晶でのオートフォーカスも便利ですし、HD動画画質と使いやすさで判断するのなら今のところDMC-G2を購入したほうが良さそうですよ。


ただ、写真画質を考えるとソニーのNEX-5のほうがセンサーの大きさの分だけ良いんですよね・・・・。DMC-G2の動画はファイル圧縮形式が独自規格の「AVCHD Lite」がメインだというのも悩みの種です。

やはりミラーレスムービーにおける大本命はフルハイビジョン(AVCHD)での撮影が可能であろう DMC-GH2 になるんですかね〜。キヤノンの「EOSムービー」がミラーレス一眼でも撮影できるようになるその日まで、パナソニックとソニーが率先し競い合ってより高画質でより使いやすい高性能ムービーカメラの開発に取り組んで欲しいと願っています。