デジカメオンライン

2010年07月08日

ソニー最新サイバーショットDSC-WX5/TX9/T99/T99D 1200万画素Exmor R

ソニーの最新サイバーショット DSC-WX5 DSC-TX9 DSC-T99 DSC-T99 が発表になりました。

AVCHDフルハイビジョン動画撮影対応機種を拡充 オートで高画質静止画の撮影を実現した“サイバーショット”発売

DSC-T99とDSC-T99Dは1/2.3型1400万画素Super HAD CCDセンサー搭載のタッチパネル液晶カメラ。

1400万画素というコンデジには無謀とも言える分不相応な画素数・・・・。高感度ノイズ問題など写真画質にはまったく期待が持てませんが、超薄型なので見た目重視、携帯性重視の人には売れるかもしれません。タッチパネル液晶を採用しているのも時代に即していてGOODですね。

動画はハイビジョン画質(MPEG-4 30p 9M/6Mbps)。CCDなのでCMOSにみられる画面を激しくパンすると映像がプルプル揺れる「こんにゃく現象」が無いのが大きな利点ですが、痛すぎる代償としてパナソニックのデジカメでもおなじみの強烈な「スミア現象」に悩まされるのが難点・・・・。こんにゃく現象はカメラを三脚などで固定すればある程度防げますが、強い光源があるだけで謎の極太ラインが出てしまうスミア現象を避けるのは非常に難しいので困りものですよね〜。

まあ、DSC-T99とDSC-T99Dはソニーとしてもあくまで脇役扱いでしょう。「高画素=高画質」と大きな勘違いをしている素人さん向けのマーケティング重視カメラですから(笑)。本命は裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載したDSC-WX5とDSC-TX9のほうなのは間違いありません。

その裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」も1/2.4型1000万画素クラスから1/2.3型1200万画素クラスに画素数アップ。画素数アップに伴って高感度画質は低下する可能性が大ですが、もともと1000万画素Exmor Rは低感度での画質が悪かったので、センサー性能が改良されているとしたら全体的な写真画質は向上している可能性もありますよ。ほんの少しですが撮像素子面積もアップしていますから。

現実的に言うと1/2.3型1220万画素ならISO400まで綺麗であれば合格点、御の字といったところでしょうか。それ以上の画質を求めるのならISO800はもちろんISO1600でも比較にならないくらい高画質なAPS-Cセンサー搭載ミラーレスカメラ NEX-5NEX-3 を購入するべきですね。

動画はフルハイビジョン(AVCHD 60i 17Mbps)とハイビジョン(MP4 30p 6Mbps)が基本。他にも1440×1080(60i 30p)でも撮影できるとのこと。正直今更な感のある1440×1080は廃止してハイビジョン画質(1280×720)のビットレートを12Mbps程度まで上げてくれたほうがよっぽど嬉しいんですが・・・・。まあ地デジ対応テレビはともかくパソコンでは4:3のほうが見やすい場合もあるので痛し痒しといったところでしょうか・・・・?

DSC-WX5とDSC-TX9はCMOSセンサーカメラなのでスミアが発生しません。HD動画撮影機能重視ならこちらの2機種のほうが使いやすいはずですよ。

ちなみにDSC-TX9はタッチパネル液晶採用。DSC-WX5はタッチパネル液晶非採用ですが光学ズームが5倍(24mm-120mm)でF2.4スタートとスペック的にはかなり良い感じ。少しでも写真にこだわるならDSC-WX5一択ですね。

あとは公式サイトやレビューサイトでサンプル写真が掲載されるのを待つのみ。

はたして1200万画素Exmor Rセンサーでは低感度画質が改善しているんでしょうか?そして前モデルで問題視されていたレンズの片ボケ問題がDSC-WX5では解消されているんでしょうか?

サンプル写真が掲載されるのが今から楽しみですよ(笑)。