デジカメオンライン

2010年07月19日

京都祇園祭観光アクセス 痴漢スリ大混雑を避ける山鉾巡行辻回し穴場撮影スポット

今回は奈良ではなく京都の夏の風物詩「祇園祭 山鉾巡行」についての観光情報をお送りしたいと思います。

日本三大祭のひとつ、京都八坂神社の祇園祭。7月17日(土)、天気予報が晴れだったので二年ぶりに行ってきましたよ〜。

奈良方面から朝7時の電車に乗り、8時30分に地下鉄烏丸線四条駅に到着。地下から地上への階段を昇ればすぐそこで9時の出発を待つ壮麗な長刀鉾がお出迎え。このアクセス方法が長刀鉾に稚児が乗り込むところもバッチリ見ることができるベストの場所、時間帯かもしれません。先頭が出発した後は四条通を山鉾巡行の道順どおり東に向かって歩くのがオススメです。

ちなみに新幹線でJR京都駅まで来られた場合も京都駅すぐ側の地下街に入り口がある地下鉄京都駅から数駅で四条駅にアクセスが可能。観光バスは行列ができる可能性もありますし、地下鉄が付近に存在することを知っておくと役に立つかと。

そういえば前回見たときはいつものようにはしごを肩に担がれて登っていたお稚児さん(地上に足をつけてはいけない)が、今年は鉄製の専用階段を自分で昇るという無味乾燥な風情の無いものになっていてなんとも残念・・・・。肩に担いではしごを登るのは危険だと判断されたんでしょうかね?

快晴、土曜日、ユネスコ無形文化遺産登録に登録、ということも相まってか祇園祭は大混雑。長刀鉾に稚児が乗り込む様子を見られるベストポジションでは関西朝のラッシュ時の満員電車でも無いくらいのギュウギュウ詰め状態に。

「押すなよ!!」と怒号が飛び交い、中には「ちょっと、お尻さわらんとって〜!!」と叫ぶ女性も。痴漢やスリが怖い方は混雑する前に早めの移動を心がけたほうが良いのかも。

大混雑といえば、山鉾巡行のハイライトとも言える「辻回し」。辻回しを一番間近で見ることができる四条通と河原町通りがクロスする「みずほ銀行四条支店」近くの角では警察官の人が観光客の文句に耐えつつ一生懸命通路規制していましたが、それでも動けないくらいの混雑に巻き込まれ・・・・。

実は、山鉾巡行期間中は四条通北側の通路から四条大橋方面への道路の横断が規制されているんですよね。四条大橋方面や高島屋、閉店が決まった阪急百貨店がある南側に行くには地下鉄の通路を通らないといけない仕組み。これが大混雑の原因にもなっているわけでして。

最初から南側の通路を通ると辻回しでの大混雑には巻き込まれませんので、人ごみが嫌いな人や痴漢、スリが不安な方は高島屋がある側の通りを歩くと安心かもしれませんよ。

また、四条通は四条大橋まで歩行者天国になっているのもポイント。大通りが観光客のために開放されているわけですからゆったりとした写真撮影が可能となります。報道関係者などは脚立や椅子を持ち込んで歩行者天国側から撮影していることも多いですし、意外と山鉾巡行辻回しの穴場撮影スポットといえるかもしれません。

2010年の山鉾巡行は終わってしまいましたが、来年以降に「そうだ 祇園祭(京都)、行こう。」と考えている方はぜひ観光アクセス、撮影場所選びの参考になさってくださいね。


祇園祭のもう一つの楽しみ方が「ザ・カメラの祭典」ともいえるカメラ天国(笑)。デジタル一眼レフカメラではエントリーモデル、ミドルクラス、フルサイズまで様々なメーカーが目白押し、高級レンズを装備したカメラマンも大勢。コンデジやビデオカメラ、携帯電話カメラも百花繚乱。これぞまさに「カメラの見本市」!

その中でも断然目立っていたのがパナソニックのミラーレスカメラ。所持している人が多かったのはもちろん、フリーアングル背面液晶でのオートフォーカス撮影の快適さを利用して人ごみの上から腕を伸ばし、「動く美術館」の写真を楽々撮影していたのが実に羨ましく・・・・。

デジタル一眼レフカメラのライブビュー撮影ではAF速度が極めて遅く、マニュアルフォーカス撮影orノーファインダーでの勘頼みAF撮影になってしまうところを、ミラーレスカメラなら背面液晶で構図、画角をしっかり確認しつつ写真が簡単に撮影できてしまうわけですから。

この過酷な状況(人ごみ)における撮影のアドバンテージはもっと評価されても良いと思うんですがね〜。

あと、もう一つ目だったのがデジタル一眼レフカメラを所持した20代くらいの女性たち。若い世代でも「カメラ女子」は確実に増えているようですよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。