デジカメオンライン

2010年08月26日

ソニーα33(SLT-A33)vsニコンD3100比較 オススメは?

ソニーの「スピード一眼カメラ」 α33 とニコンのエントリーカメラ D3100 のスペックを徹底比較してみました。

どちらも1400万画素クラスのカメラ、そして発売日が2010年9月と同時期で販売価格も近い両機種。お互いの優れている点、アピールポイントを記載してみましょうか。


[ソニー α33]

・ EVFファインダー視野率100% 倍率1.1倍
・ 背面モニター視野率100% 92万ドット
・ バリアングルチルト可動式液晶モニターでハイアングル、ローアングル自由自在
・ 6コマ/秒の高速連射(最高7コマ)
・ 高速高精度な位相差検出AFで被写体の動きを追従
・ 液晶モニターでのライブビュー撮影時でも高速なAF
・ ボディ内手ブレ補正機能搭載
・ ミラーショックによるミラーショックブレが無い
・ 15点AFポイント
・ ISO25600までの高感度撮影に対応
・ フルハイビジョン動画が60iで撮影可能
・ 動画撮影時でも高速なオートフォーカス
・ 音声録音がステレオ音質
・ 「スイングパノラマ」「マルチショットNR」など高性能な画像合成機能の充実
・ ファインダー内に電子水準器やグリッドラインを表示可能
・ 写真撮影前に撮影後の仕上がりを確認できる


[ニコン D3100]

・ RAW撮影時にファイルサイズが小さい
・ ハイビジョン動画が30pで撮影可能
・ 「ミニチュア効果」「塗り絵」などカメラ内画像編集機能の充実
・ バッテリーの持ちがよく撮影可能枚数が多い


大体こんなところでしょうか。ちなみに管理人はキヤノンユーザーですし、あくまで公平にスペックだけを純粋に比較しての結果です。

こう具体的に比較してみますと・・・・α33のスペックは販売価格に比べて異常に高いですね〜。D3100もシンプルで高性能なエントリーモデルなわけですが、α33のほうが規格外に飛びぬけている印象です。

家庭用ゲーム機で例えて言うならソニーのα33がプレイステーション(ソニー)でニコンのD3100がスーパーファミコン(任天堂)みたいなものかな(笑)。明らかに根本的な基本性能が違いすぎます。

ソニーの「スピード一眼」シリーズはもはやキヤノンやニコンのミドルクラスカメラすら完全に超越しているかもしれません。というか使いやすさだけならフルサイズカメラをも余裕で超えているのかも・・・・。


α33の最大の長所は「高速高精度追従AF」「高速連射」だと言われていますが、個人的に一番素晴らしいと感じるのは「写真撮影前に撮影後の仕上がり具合を確認できる」という点。

レフレックスミラーを採用した従来のデジタル一眼レフカメラでは、ファインダーにはバッチリ綺麗に映っているのにいざ写真を撮ってみたら「あれ?写真が暗いぞ?」「写真が真っ白・・・・」といった露出ミスがよく起こります。オートホワイトバランスがあらぬ方向に転ぶことも。これは一眼レフカメラの宿命ともいえる問題、構造的な欠陥でした。

しかし、EVFファインダーや液晶モニターでの撮影なら「撮影後の映像」がそのまま画面に写っているため、明らかな失敗写真はグッと減りますよ。特にJPEG撮影時においての使い勝手はα33のほうが圧倒的に勝っているといっていいでしょう。

バリアングル液晶モニターを使えばハイアングル、ローアングル撮影も楽々可能ですし、「ボディ内手ブレ補正」機能が搭載されているためほぼ全てのαマウントレンズで手ブレ補正が効くのも見逃せないポイント。α33は初心者に非常に優しく、上級者でも遊びがいのある使い勝手の良いハイスペックカメラですね。


かたやニコンD3100にもRAWファイルサイズが小さいという大きな利点があります。また、バッテリーの持ちがよく撮影可能枚数が多いというのも嬉しい限り。スペックでは圧倒的に劣っていますが、RAW撮影派の人にとっては非常に使いやすい優れたエントリーカメラだと思いますよ。


ちなみに写真画質に関してはD3100の高感度サンプル写真が今日現在掲載されていませんので厳密な比較はできませんが、α33の低感度画質は「素晴らしい」高感度画質も「素晴らしい」、D3100の低感度画質も「素晴らしい」高感度画質は「今のところ不明」といった感じ。


総合的に判断しますと、これからはじめて一眼カメラを買うエントリーユーザーやとにかく高性能なカメラが欲しい人にはソニーのα33を断然オススメします。特にコンパクトデジタルカメラから買い替えをする人ならα33のほうが使い勝手が良いのはシステム上間違いありません、絶対。JPEG撮影派ならなおさらです。

ニコンD3100はRAW撮影派の人のみオススメです。ええ、管理人のような(笑)。あとはニコンという「ブランドイメージ」にこだわりを持っている人くらいですかね〜。それ以外の人には現在の販売価格では高額すぎてまったくおすすめできません。

購入するならオンライン通販価格でレンズキットが最低5万円を切ってから、できれば4万円台前半で購入するとお買い得ですよ。というか個人的にはそれくらいになったら本気で購入しようかと。ニコン製品ですので基本性能は安定していますし、あとは価格ですよね。今の段階だとα33に比べて超割高もいいところですから。

それでもニコンという「ブランドイメージ」だけでD3100を高値で購入しちゃう人も多いんでしょうね〜。原価数百円もしない口紅が高級化粧品会社の看板を背負っただけで数千円でバンバン売れてしまうのがマーケットというものですから。

商品はブランドなどというくだらない「幻想」や「まやかし」ではなく、信頼性を含めた「性能」や一番重要な指標となる「販売価格」で賢く選びたいものです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。