デジカメオンライン

2010年09月01日

ペンタックスのK-r/K-5/ミラーレス一眼カメラがフォトキナ2010に登場?

ペンタックスが9月9日に新しいデジタル一眼レフカメラと交換レンズ、そしてコンパクトデジタルカメラ2機種を発表するとの噂です。

Pentax announcement on September 9th

9月9日に発表されるデジタル一眼レフカメラとは K-x の後継機種となるであろう K-r のことでしょうか?

K-xは写真画質が優れているうえに販売価格が安く、総合的にみてコストパフォーマンス抜群の非常に優れたカメラでした。当然K-rにも期待が膨らみます。予想としてはニコンの D3100 と同じく1400万画素カメラとなりそうですね。

一時期「ニコンD3100のセンサーはソニー製ではないのでは?」との噂もありましたが、結局はNEXシリーズなどに搭載されている1400万画素CMOSセンサーのニコンオリジナルカスタマイズバージョンだったようですし、K-rのセンサーも製造コストを考えると同じものかもしれません。

ソニー製1400万画素CMOSセンサー搭載機種で撮影されたサンプル写真を見る限り画質はかねがね良好ですし、K-rやK-5もK-xのように大満足できる写真が撮影できるんじゃないかな〜と期待、発表が楽しみです。

あとはなんとかスーパーインポーズさえ搭載してくれれば・・・・。

そういえば K-7 のセンサーは韓国のサムソン製だと言われていたように一時期サムソンと親密な関係にあったペンタックスですが、最近はめっきりそういった話題を聞かなくなってきましたね。

ニコンも長年採用し続けているように、やはりソニー製センサーのほうが画質、価格、信頼性ともにカメラメーカーにとってベターなのかもしれませんよ。


また、今月ドイツのケルンで開催されるフォトキナ2010ではK-r、K-5の他にもミラーレス一眼が登場する可能性もあるとのこと。

ソニーが開発しているCMOSセンサーが他社へ供給されるのはソニー自社製品の半年遅れだという説(あくまで噂)もありますし、NEXシリーズが2010年の6月に発売されたということは今年の終わりか来年の初め頃にかけてペンタックスからミラーレス一眼が登場してもなんら驚きではありません。

オリンパス、パナソニック、ソニーの大攻勢でレンズ交換カメラシェアをどんどん伸ばしているミラーレス陣営。その勢いに乗じてペンタックスが新規参入するのかどうかも注目ですね。

今年の冬のボーナス商戦、クリスマスシーズンまでにペンタックスのミラーレスカメラが発売されると嬉しいのにな〜。

ペンタックスさん、サプライズなクリスマスプレゼントを期待していますよ(笑)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。