デジカメオンライン

2010年09月02日

オリンパスE-5スペックの噂 9月14日発表?

オリンパスのハイアマチュア、プロ向けカメラ E-5 のスペックに関する噂情報です。

Olympus E-5 specs

オリンパスカメララインナップで最上位に君臨し続けた E-3 の後継機種となるであろうデジタル一眼レフカメラ。気になるスペックは

・ マグネシウム防滴ボディ
・ ディアルメモリーカードスロット
・ 1200万画素
・ 11点AFポイント
・ 連射速度6コマ/秒
・ 手ブレ補正機能
・ 防塵 (ダストリダクション?)
・ 可動式液晶モニター
・ ハイビジョン動画撮影機能 (30fps)
・ ワイヤレスフラッシュ内蔵
・ 視野率100%のビューファインダー

だそうですよ。

正直に言うと、「今時これは無いよな・・・・」というくらい凡庸なスペック。もしも販売価格が10万円以上する高級機種となるのなら既存のフォーサーズユーザー以外はまったく見向きもしないかもしれません。それでも希望小売価格で15万円くらいはするんだろうなぁ。

ただ、画素数を1200万画素と極端に高画素化しなかったのは非常に好印象。

もともとフォーサーズ、マイクロフォーサーズセンサーの1200万画素はAPS-Cセンサーの1800万画素に相当する画素ピッチの狭さだといわれています。つまり、E-5の1200万画素はキヤノンの1800万画素カメラに匹敵するほどの高感度ノイズの多さなわけで・・・・。画素数の「数字の大きさ」のみをアピールし、「高画素=高画質」と初心者を勘違いさせて売り上げを伸ばそうとする「マーケティング重視」のメーカーとは違い、オリンパスは「写真画質重視」のメーカーだということですから。

防塵防滴で苛酷な環境にも耐えられる信頼性の高いボディ、視野率100%の高性能光学ファインダーはプロ用カメラの証。今までもこれからもフォーサーズマウントを使い続ける生粋のオリンパスマウント、ズイコーデジタルレンズユーザーなら買い替えの余地があるバランスの良いデジタル一眼レフカメラとなりそうですね。


とはいえ、それはあくまでもオリンパスの「フォーサーズシステム」だけで判断した場合。

他社の現行ラインナップと比較するとボディ性能の世代的な見劣りは明らか。ソニーの α55 はもちろん、レンズキットが発売前から7万円程度とエントリーモデルの価格帯である α33 にすらほとんどの部分で性能が劣っている始末。

これで写真画質が格段に上なら話は別ですが、サンプル写真を見る限りα55、α33の低感度、高感度画質は非常に優れているわけで・・・・。もともと画素ピッチの問題で高画質化が難しいフォーサーズシステム、物理的な不利を覆すのは容易ではないため写真画質勝負で勝利するのも難しそう。

今現在でこの性能なら販売価格は12万円以下が妥当。7万円〜9万円くらいが買い時、かもしれませんね。


カメラの世界はユーザーの年齢層が比較的高く、趣味に使えるお金を十分に蓄えている人が多いため「高価なボディほど良い写真が撮影できる」と大きな勘違いをしたまま高級機種を買い求めている人も少なからずはいると思います。

でも、実際はニコンの D5000 やペンタックスの K-x のように、5万円程度で購入できる安価な機種でも十二分に美麗な写真が撮影できるんですよね〜。


結局写真撮影で一番大切なものは「高級なカメラシステム」ではなく「魅力的な被写体」。

E-5のような高級プロ向けカメラではなく、安価で小型軽量、しかもJPEG画質が非常に優れているオリンパスのマイクロフォーサーズカメラ E-PL1 を購入して浮いたお金で旅行に出かけ、旅先でたくさんの写真を撮影してかけがえのない思い出にする・・・・なんてのも写真の楽しみ方、お金の使い方のひとつだと思いますよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。