デジカメオンライン

2010年09月10日

ペンタックスK-r高感度画質サンプル写真 フォトチャレンジャーで赤外線通信対戦ゲーム

ペンタックスの高性能エントリーカメラ K-r が正式発表されました。

ペンタックス K-r

写真画質や性能の高さは好評だったものの、「スーパーインポーズが無い」という不満点を多く指摘されていた K-x の後継機種にあたるモデル。

K-rには遂に念願のスーパーインポーズが搭載されました!

スーパーインポーズとはオートフォーカス合焦時にファインダーのAFポイントが赤く光る機能のこと。これで中央一点に固定しないでもどこにAFが合焦したのかわかりやすくなりますね〜。

しかも画素数は1200万画素と据え置き!事前の噂では1400万画素説もありましたが、K-xと同じ画素数なのは嬉しい限り。

「画素数が大きくなればなるほど写真画質は低下しやすくなる」「画素数が大きくなればなるほどファイルサイズが巨大化しパソコンで扱いにくくなる」というのはある程度カメラに詳しい人なら誰でも知っている常識。無駄ともいえる高画素化を進める他メーカーとは違い、あえて現行ラインナップに1200万画素機種を残したペンタックスには拍手喝采したいところです。

早速高感度画質のテストも含めたサンプル写真が掲載されていますよ。

Pentax K-r: toma de contacto y muestras

低感度写真の欄に高感度写真(キャンディ)が誤って掲載されている(9/10現在)など急いでページをつくった感がありますが、サンプル写真を見る限りではISO1600でも十分使い物になりそう。

元々K-xやニコン D90 & D5000 といったソニー製1200万画素CMOSセンサー搭載機種は高感度画質やダイナミックレンジの広さに定評があり、優れた写真画質を誇るカメラとして知られています。

K-rはK-xとほぼ同じセンサーでしょうし、写真画質はK-x同等かそれ以上ではないかと期待。もっと色々なサンプル写真を早く見てみたいですね。


もちろん基本スペックがエントリーカメラのなかでも最高峰なのも忘れてはいけない重要なポイント。

シャッタースピード1/6000秒、ISO感度設定1EVステップ、1/2EVステップまたは1/3EVステップというのはこの価格帯では圧倒的な高性能。キヤノンの EOS Kiss X4 、ニコンの D3100 、ソニーの α55 / α33 といった同価格帯のライバルと比較しても基本性能の高さは折り紙つきです。

しかも何が起こったのかはわかりませんが連射速度が6コマ/秒といきなりの大幅スペックアップ。背面液晶も3型92万ドットという大きくて高精細なものに変更されています。

もちろんペンタックスカメラですので安心の「ボディ内手ブレ補正機能」搭載。斬新過ぎる独自のカラーバリエーションも相変わらず健在です。「デジタルフィルター」「クロスプロセスモード」といった手軽に遊べるアート機能もさらに増え、HDR撮影も可能となりました。

そして、我々の予想の遥か斜め上を行くトンデモ新機能が「フォトチャレンジャー」。Exif情報を元に戦闘パラメーターを決定し、K-rの赤外線通信機能を使って通信対戦が可能という謎すぎるゲーム機能だったりします。

写真撮影にはまったく必要の無いものですが、コミュニケーションツールとしては面白いかもしれません。撮影現場でK-rを持っている人を見かけたらついつい声をかけてフォトチャレンジャー対戦したくなっちゃうかも(笑)。

唯一の大きな欠点といえるのはハイビジョン動画が「25fps」でしか撮影できないという日本国内では異常とも言える中途半端さなことくらい。ちなみに25fpsはヨーロッパなど海外でもてはやされているフレームレートで、日本国内なら30pもしくは60iが基本。これなら需要の多い24fpsのほうがまだマシなような・・・・。ここらへんの微妙な間の抜け方はキヤノン、ソニー、パナソニックといったビデオカメラも製造しているメーカーとはやはり違いますね。


総合的に見ると、K-rはK-xをさらにパワーアップさせた非常に高性能なエントリーカメラだといえるでしょう。

ハイスペックなペンタックスK-r、販売価格が一番安いニコンD3100、超高性能でライブビュー、動画撮影に強いソニーα55/α33と、今年の秋モデルは販売価格設定が高すぎてガッカリだったキヤノンの EOS 60D を除いて非常に魅力的なAPS-Cデジタル一眼(レフ)カメラが百花繚乱となりました。

さあ、今年の秋はどのカメラを購入して撮影に出かけましょうか?基本性能が良いうえに安価なカメラが多くて迷っちゃいますよね〜(笑)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。