デジカメオンライン

2010年09月21日

FinePix X100 富士フイルムのハイブリッドビューファインダー搭載APS-Cクラシックカメラ

ドイツで開催中のフォトキナ2010で富士フイルムからAPS-Cセンサー搭載のレンズ固定式カメラ FinePix X100 が発表されました。

富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を海外で開発発表

クラシックカメラのような素晴らしいデザイン。パナソニックの DMC-GF1 に代表されるいわゆるコンデジの延長線上にあるオーソドックスなフォルムではなく、あえてアンティークなデザイン性を追及した富士フイルムのチャレンジ精神には頭が下がります。

オリンパス E-P1 のようだと揶揄する人もいますが、個人的にはこちらのほうが圧倒的に好みですね。オリンパスも中途半端にコンデジ要素を取り入れるのではなく、あえて昔のペンスタイルで勝負してほしいなぁ。

センサーサイズはAPS-C。レンズは固定式でフルサイズ換算35mmの明るいF2レンズだとか。人間の視野角はフルサイズ換算40mm〜50mmくらいだとも言われていますので、やや広角気味で使いやすい画角のレンズだと言えるでしょう。

画素数は1200万画素クラスと必要十分。通常のプリントアウト用途などなんら不都合はありません。むしろこれでも高画素すぎるくらいでしょうか?

そしてなんといっても面白いのは光学ファインダーとEVFを自在に切り替えられる「ハイブリッドビューファインダー」。

光学ファインダーにはタイムラグによる残像現象が一切無く一瞬を写す撮影に適しているという長所があります。また、EVFには撮影前に露出やホワイトバランスなど撮影後のイメージを事前確認できるという大きな利点があるわけで・・・・撮影用途によって切り替えれば最高のファインダーシステムとなることは間違いなし!

ただ、一眼ユーザーは普段の慣れから光学ファインダーばかり使いそうな気もしますし、コンデジユーザーはより利便性の高いEVFばかり使いそうな気がしないでも・・・・(笑)。


デザインとチャレンジ精神は素晴らしいので、あとは販売価格が勝負ですね。

一説によるとFinePix X100の価格は「12万円くらい」との噂もありますが、APS-Cで12万円といえばキヤノンの EOS 7D やニコンの D7000 と同価格帯。ソニーのスピード一眼とミラーレスカメラなら2台同時に購入できそうなくらいの値段設定です。

これじゃあいくらハイブリッドビューファインダー搭載とはいえまったく売れないでしょう。購入するのはお金の有り余っている熱狂的な富士フイルムファンやカメラコレクターだけかも。

他メーカーの現行機種のスペックと比較すると、6万円〜8万円くらいが妥当な線。レンズも明るく使いやすいとはいえズーム機能のない単焦点レンズですし、大きく売れるのは5万円を切ってからといったところでしょうか。


富士フイルムが噂されていたマイクロフォーサーズ参入を見送ったのは非常に残念ですが、APS-Cセンサー搭載カメラにまた新たな選択肢が増えたということは素直に評価できます。

現在APS-C市場ではミラーレスや固定式半透明ミラーなど斬新で便利、しかも安価なソニー製カメラが絶好調。そこに富士フイルムが参入することでより販売競争が激化し、より良い製品がより安く手に入るようになるはず。消費者である我々ユーザーにとっては願ったりかなったり。

利益率が大きく落ちてもはや薄利多売状態となっているコンデジから、より大きな収益が望める一眼の世界へ。富士フイルムの再挑戦がどういう結果になるのか楽しみですね。


でも、やっぱり「おとなしくマイクロフォーサーズかソニーEマウントに参入しておいたほうが良い結果になったかもなぁ」とか後悔するはめになるのかも(笑)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。