デジカメオンライン

2010年09月30日

EOS Kiss X4vs60Dvs7D画質比較サンプル写真 RAWファイルサイズも

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 / EOS 60D / EOS 7D などのISO別サンプル写真が掲載されています。

Canon EOS 60D Digital SLR Camera Review

EOS Rebel XS / 1000D = EOS Kiss F
Rebel XSi / 450D = EOS Kiss X2
Rebel T1i / 500D = EOS Kiss X3
Rebel T2i / 550D = EOS Kiss X4

RAWで撮影後、オートホワイトバランス、ノイズリダクションなし、シャープネス1、という設定で現像された比較写真だそう。100〜25600の数字を押すとISO100からISO25600までのサンプル画像を見ることができます。

縞々の画像を比較してみるとわかりやすいのですが、同じキヤノンの1800万画素カメラであるEOS Kiss X4、EOS 60D、EOS 7Dの間でもメーカーの味付けにかなりの差がありますね〜。

EOS 60DとEOS 7Dは絵作りが似ていてノイズリダクションが強めでディティールが甘い感じ。ややボンヤリしたイメージになってしまっています。

かたや一番廉価機種であるEOS Kiss X4はシャープネスが強くディティールが精細な印象。かなりシャッキリとした画質ですね。

JPEG画質に関しては後から発売されたEOS Kiss X4のほうがEOS 7Dよりも解像感が高いという評価が多いわけですが、RAW撮影時点から画像処理エンジンの傾向の違いにより解像力に差があるのかもしれません。より解像感の高い写真を撮影したいだけなら高価なEOS 60DやEOS 7Dよりもあえ一番販売価格が安いEOS Kiss X4を選択するのもオススメかもしれませんよ。


しかし・・・・2100万画素フルサイズカメラである EOS 5D Mark II は本当に素晴らしいですね〜。APS-Cカメラとはまさに別格、これぞクラス違いという優れた写真画質。

パンフォーカスなど被写界深度が深い撮影が苦手という弱点こそありますが、やはり画質を重視するならセンサーサイズが大きなフルサイズカメラで決まり!だと痛感させられます。


画質比較だけでなく、このレビューサイトでは他のサイトではほとんど触れない「パンドラの箱」である「RAWファイルサイズの大きさ」の比較までしっかり明記。

1800万画素カメラではISO100から「25MB」越え、ノイズが多くなるISO3200では「30MB」もの容量に・・・・。これは写真一枚の容量ですので、写真を100枚RAW撮影するだけで2.5GBから3.0GBもの容量となる計算です。まさに巨大ファイル。

最近のCF、SDカードは32MBも当たり前となるなど高容量ですが、パソコンへの転送、画像処理にかかる負担、ハードディスク容量などを考えるとファイル容量は小さいほうが扱いやすいのは間違いありません。

よりサクサク写真を撮影、現像したいというRAW撮影派の方は、より扱いやすい低画素カメラをチョイスするのがおすすめですよ。


正しい一眼カメラ選びのコツは「自分がどれだけの 画素数=画像の大きさ=解像力 が必要かを正しく見極めること」。オーバースペックな画素数のカメラを購入しても後々扱いに苦労するだけですから。

ちなみに、普通サイズの写真プリントなら200〜300万画素もあれば十分。通常使用でも600万〜1000万画素もあれば大満足でしょう。ストックフォトを含む商業写真の場合は最低1600万画素〜1800万画素は欲しいところ。

センサーサイズと開発技術レベルが同じなら画素数が大きければ大きいほど高感度ノイズが目立ちますし、「大は小を兼ねる」という諺が通用しないのがカメラの世界。

自分の主な撮影用途に合わせて上手くカメラを選択できると、より写真撮影が楽しくなります。「高画素=高画質は間違い」だという事実、真実を理解し、ぜひあなたにピッタリな「丁度良い按配のカメラ」を見つけてくださいね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。