デジカメオンライン

2010年10月29日

LUMIX DMC-GP1の噂 パナソニックのプロ用カメラは裏面照射型センサー採用?

パナソニックのマイクロフォーサーズカメラ LUMIX DMC-GP1 についての噂が掲載されています。

(FT2) Is the Panasonic GP1 going to be announced soon? First MFT weather sealed camera?

LUMIX DMC-GP1のスペックは噂によると

・ 全天候型(防塵防滴)金属ボディ
・ 有効画素数1200万画素 new BL Live MOS sensor
・ ISO3200でもクリーンな画質、ISO6400可、最大でISO12800
・ タッチスクリーン液晶
・ 新しいビーナスHD Vエンジン
・ デザインは DMC-G1 DMC-G2 と同型
・ さらに改良されたEVF
・ フルハイビジョン動画撮影機能(60fps)
・ マルチスポット測光
・ 連射速度6コマ/秒
・ プロマニュアルモード

だそう。

防塵防滴で信頼性の高い堅牢なボディはプロ向けカメラの証。DMC-GP1が本当に発売されるのだとしたら、エントリーモデルとムービーモデルが中心のマイクロフォーサーズ陣営に新たな選択肢を与えてくれそうな予感がして嬉しいですね。

Panasonic デジタル一眼カメラ GH2 レンズキット(14-140mm GH2 F4.0-5.8HD動画対応高倍率ズームレンズ付属) フルハイビジョンムービー一眼 ブラック DMC-GH2H-K

DMC-GH2 は他社のAPS-Cカメラと「数字的な」画素数競争をするために1600万画素という(マイクロフォーサーズセンサーにしては)超高画素にまで引き上げられましたが、プロ仕様のDMC-GP1は比較的バランスの良い1200万画素になる様子。

しかも謎の新センサー「BL Live MOS」採用とのこと。

BLという表記からして、もしかするとソニー製コンデジやビデオカメラでおなじみの「裏面照射型センサー」なのかもしれません。あくまで「B(ack)」からの文字的予想ですが。

コンデジやビデオカメラの極小センサーと比較すると圧倒的にサイズが大きなマイクロフォーサーズセンサーでは裏面照射型のありがたみは薄いとも言われていますが、現在のデジカメ市場での裏面照射型センサーのニーズを考えれば市場に与えるインパクトが大なのは間違いなし!

デジタル一眼レフカメラで多く採用されているAPS-Cセンサーと比べるとサイズが小さいマイクロフォーサーズセンサーを採用しているパナソニック。いつまでも画素数の「数字の大きさ」のみを追い求める不毛な競争をしていてはAPS-Cよりも必ず先に画質が破綻してしまいます。

そろそろ画素数競争も曲がり角にさしかかり、画素数アップとは別の新しい要素で消費者にアピールする必要がある・・・・という状況を考えても、裏面照射型を開発してマーケットに投入する価値は非常に高いかもしれませんね。

国内メーカーで一眼(レフ)カメラ用センサーを自社開発しているのは現在パナソニック、キヤノン、ソニーくらい(シグマもFOVEON社を買収したので含めてもいいかも)。自社製品に最新センサーを即投入できる企業は供給されるまで指をくわえて待たなければいけないメーカーよりも商機的に大きなアドバンテージがあります。

DMC-GH2の1600万画素センサーも極小ピッチサイズにしては十分な高画質を実現していますし、パナソニックの次世代センサーにも期待大。DMC-GP1が本当に発売されるのかどうかもまだわかりませんが、次世代モデルではぜひ優秀な開発陣の魂のこもった優れたセンサーを搭載して全世界のカメラファンをアッと驚かせて欲しいですね。