デジカメオンライン

2010年10月30日

迫田さおり(リオ) ほくろもかわいいカッコイイ九州女児

東レアローズの 迫田さおり 選手も選出されたバレーボール女子日本代表が2010世界選手権でポーランドに勝利。

なんとなくテレビで観戦していましたが、いやあなんとも熱い試合でした。2セットを取られてからの大逆転勝利!日本代表は追い込まれた状況でも集中力を切らさず、逆にポーランドの選手のほうが先に体力、精神力ともに尽き、あえなく根負けした印象です。

そんな劇的な展開の中でも目立っていたのが途中出場した迫田(さこだ)さおり選手とパイオニアレッドウィングスの栗原恵選手。(以下敬称略)

迫田さおりはとにかく躍動感がすごいですよね〜。身長175cmと比較的小柄な体格にもかかわらずスパイク到達点は「305cm」というすさまじいジャンプ力。滞空時間も長く、バックアタックの際は全身バネかと思うくらいの激しさ!これだけアタックのフォームが魅力的な選手は日本にはなかなかいないかも。

ちなみに左眉の上のほくろが印象的な迫田さおりの愛称は「リオ」、薩摩は鹿児島出身という九州女児です。ルックス的にもかわいいですし、なによりも動く姿がカッコイイのが好印象。バックアタックでの試合の流れを変える活躍もありテレビカメラにもかなりの頻度で抜かれていましたし、このまま活躍が続けばブレイク必至?!テレビ的なスターシステムに乗る新たなニューヒロインの誕生?!

名前も「さおり」ですし、同じ東レアローズ所属の木村沙織とともに「Wサオリ」として女子バレーファンに人気が定着したらいいですね〜。

余談ですが、迫田さおりってなんとなく後輩の女子部員からバレンタインのチョコレートとかいっぱいもらっていそうなイメージが・・・・女性に人気が出そうなタイプと勝手に妄想(笑)。

栗原恵は左ひざの故障、手術、リハビリを経ての強行出場という非常に難しい状況下でも活躍できるのはさすがの一言。怪我の影響かまだまだ本調子ではなさそうですが、ここ一番欲しいところでしぶとく決めていましたよ。


しかし、荒木絵里香、濱口華菜里、中道瞳、木村沙織、迫田さおりと日本代表が14人中5人もいる「東レアローズ」女子バレーボール部ってどう考えてもメンバーが豪華すぎ!しかも今年の新人選手の中には春高バレーでポスト浅尾美和、浅尾二世とも呼ばれたルックス、美貌を誇る美人アスリート二見梓もいるわけですから・・・・もはや無敵。

奈良と同じ近畿地方にある湖国滋賀県を本拠地としている東レアローズ女子バレーボール部。「Ciervo NARA(シエルヴォ奈良)」というプロサイクリングチームと都市対抗野球にも出場した市民クラブチーム「大和高田クラブ」くらいしかスポーツ関連のチームがない大和奈良県民からしたら、近江滋賀県が本当に羨ましすぎる(笑)。

奈良にもプロサッカーチームあたりをつくってくれぃ!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。