デジカメオンライン

2010年11月04日

DMC-GF2サンプル写真 LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.セットの発売日

パナソニックのコンパクトマイクロフォーサーズカメラ DMC-GF2 が海外で正式発表されました。

DMC-GF2

近日中には日本でも正式発表されそうですね。もしかすると週末の金曜日である明日発表かも。

「ファッション・ムービー一眼」 DMC-GF1 の後継機種。前モデルとの主なスペックの違いは、

・ タッチスクリーン液晶
・ フルハイビジョン動画撮影機能(AVCHD 60i/センサー出力30p)
・ ISO6400での撮影が可能
・ より小型軽量なボディサイズ(グリップ、デザイン変更)

といったところ。画素数が1200万画素と据え置きなのは好印象。

タッチスクリーン液晶は予想通りでしたが、動画撮影機能ではパナソニック独自の非汎用規格「AVCHD Lite」から「AVCHD」に大幅スペックアップ。AVCHD Liteの呪縛に囚われハイビジョン動画までしか撮影できないモデルが多かったパナソニックのデジカメですが、この改良によりコンパクトマイクロフォーサーズカメラでも遂にフルハイビジョン動画が60iで撮影できるように!

AVCHD Liteは「機能制限、出し惜しみの象徴」のような存在だったので、遅ればせながらも廃止の方向に向かっていくのは大歓迎。もちろんこれは競合するソニーがフルハイビジョンムービーデジカメを連発したことに対抗するための「苦肉の策」でしょうが、メーカーが性能を競い合ってユーザーにより有益なモデルがもたらされるのはうれしい限りですよ♪


さっそくLUMIX DMC-GF2の発売前モデル(試作品)で撮影されたサンプル写真も掲載されています。

Digital Cameras - Panasonic Lumix DMC-GF2 Test Images

製品版ではないとのことで今現在のところフルサイズ(等倍)のサンプルがISO100しかありませんが、低感度撮影時の画質、特に解像力は良好な印象。最近の(マイクロ)フォーサーズカメラではローパスフィルターを薄くした解像力重視モデルが流行していますが、DMC-GF2もそのトレンドに乗っている感じですね。ISO400まではキレのある高画質。

ISO800ではノイズリダクションの影響によりやや解像力が落ちていますが、ディティールも残っており十分実用的。ただ、ISO1600ではややノイズが多く細部が塗りつぶされている感も。高感度画質的にはセンサーそのものが違う DMC-GH2 ほどではなく、 DMC-G2 と同じくらいでしょうか?

ただ、APS-Cよりセンサーサイズが小さいマイクロフォーサーズカメラとはいえ管理人が所持している2世代前のAPS-Cカメラ、キヤノン EOS Kiss X2 よりは高感度画質が良いかもしれません。センサー、画像処理エンジンの性能向上はホント凄いですよね〜。


スペックから総合的に判断すると新規ユーザーは「買い」な高機能モデルだとは思いますが、気になる点もいくつか。

海外情報ではパンケーキレンズセットのキットレンズが LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. から LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH. に変更されているんですよ。

Panasonic LUMIX G 14mm F2.5 ASPH. H-H014

20mm/F1.7 ASPH. と 14mm / F2.5 ASPH. を比較すると「解像力」「明るさ」では20mmが上、「AFスピード」「駆動音の静音性」「サイズの小ささ」では14mmが上、と言われています。広角撮影においては当然14mmのほうがベターですが、人間の「視野角」「パース感覚」に近い20mmのほうがより我々の瞳に近く、より自然な写真を撮影できるという利点も。

もしもキットレンズが変更されるのだとしたら、描写力の評判が高い LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. を別途購入しなければなりません・・・・。こりゃ現在在庫処理による投売り状態で低価格帯にまで値下がりし、すさまじくお買い得なDMC-GF1パンケーキセットを売り切れ前に早期購入するしかないか(笑)。

あと気になるのがタッチパネル液晶採用と世界最小最軽量を目指すコンパクト化による「設定ボタンの減少」。こればかりは実際に使ってみないとなんとも言えませんが、よりシンプルで初心者向けになった代償に細かい設定を駆使するマニアには若干使いにくくなっている可能性もあります。

グリップ部分が大幅変更されたことによる「持ちやすさ」がどうなっているのかも興味津々。女性的な新しいデザインも賛否両論になりそうですね〜。個人的にはパナソニックらしくて好きですが(笑)。


海外での発売日は2011年の1月になるそう。日本でも12月のクリスマスシーズンには間に合わないかもしれませんが、楽しみな機種がまた一つ増えました。デジタル一眼(レフ)カメラ市場における2010年は「ソニー大攻勢の一年」でしたが、2011年こそは「パナソニック巻き返しの一年」となるか?!日本を代表する巨大家電企業の動向に注目しましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。