デジカメオンライン

2010年12月19日

43Rumorsペン・E-PL2の噂 オリンパスのマーケティング戦略は間違っている

オリンパスのマイクロフォーサーズカメラ PEN E-PL2 に関する噂が43Rumorsに掲載されています。

(FT2) New E-PL1 sucessor rumors…

日本国内では1月中の発表が予想されているペン・E-P2。43Rumorsによると前機種 E-PL1 よりも画素数がアップしたモデルになる可能性があるようですよ。

しかし・・・・本当にオリンパスは似たような製品を短期間で連続して発売しますね・・・・。ついこの間 OLYMPUS PEN Lite E-PL1s という最新モデルを発売したばかりなのに(笑)。

ユーザーのカメラ選択肢が増えること自体は良いことですが、こういう頻繁な「買い替え需要喚起」や「注目度アップ」だけを目的とした短期的な利益優先のマーケティングはまったく感心しません。

12月4日に発売されたばかりのE-PL1sを購入した人が、そのたった1ヵ月後によりスペックアップした新製品を同じくらいの価格で発売されたらどういう気持ちになるのかを考えることができる人間がオリンパスにはいないんですかね〜?

もしかして「売り逃げ」上等(笑)?

パナソニックやソニーといったセンサーを自社生産できるミラーレスカメラライバルメーカーと比較すると商品開発能力で劣るオリンパス。それに加えてこの不況なご時世ですから少しでも消費者の気を新製品で惹いて購買に繋げたいというメーカー側の言い分もわかりますが・・・・こういったあくどい売り方を続けていると「どうせすぐに新しいのでるんでしょ?」とユーザーも買い控えに走りますよ?

また頻繁な新商品の投入は買い替えによる中古市場の在庫過多を生み出し、結局メーカー自身の首を絞めることになりかねません。最近のデジタルカメラは少し前のモデルでも十分高画質ですから「中古でもより安ければ良い」という人も多いでしょうし。中古品がたくさん売れれば新品の売り上げが減るわけで・・・・。

まあ、そんな素人でもわかる簡単なことくらいプロのマーケティング担当者もわかってはいるんでしょうが・・・・なりふりかまっていられないくらい「現実はがむしゃらに来るし」なんでしょうね〜。

パナソニック LUMIX DMC-GF2W-W シェルホワイト ダブルレンズキット

ライバルのパナソニックが2010年12月3日に発売した LUMIX DMC-GF2 は、業界最高レベルのフルハイビジョン動画撮影機能がさらにパワーアップしたうえ初心者にもわかりやすいタッチパネル液晶を搭載するなど2009年9月18日に発売された前機種 DMC-GF1 からさらに魅力的にモデルチェンジ。CMキャラクターには今人気上昇中の仮面ライダー電王と女優 綾瀬はるか さんをダブルで起用する力の入れようで「買って損なし!」「ヒット間違いなし!」な素敵ミラーレスカメラに仕上がっています。

それに比較するとオリンパスE-PL1sの影の薄さといったら・・・・ちゃんと売れているのかしらかしら、ご存知かしら?

幸い最近のオリンパス製デジタルカメラはローパスフィルターを薄くし高解像力を実現した優れた写真画質がマニアに高評価。E-PL1や最上級デジタル一眼レフカメラ E-5 に続いてE-PL2の画質にも十分に期待が持てますが・・・・最初にPENが発売された時のような「ワクワク感」をE-PL2に期待するのはどう考えても無理そうです。

まあ、こんなに発売サイクルが短ければワクワクする暇すらないか・・・・。

ああ、デジカメ世界を「アッ」と言わせたあのPENの興奮をもう一度味わいたいなあ・・・・。オリンパスさん、そろそろその間違ったマーケティング戦略を悔い改めてみませんか?「世界を革命するために」。


ネガティブな内容の暗い記事なので、明るくするために文章にさりげなくアレなネタを仕込んでみました。わかる人、いらっしゃいますかね〜?


少女革命ウテナ 絶対進化革命前夜 [Soundtrack]


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。